東北環境アセスメント協会
  事務局/〒980-0014 仙台市青葉区本町2丁目5−1オーク仙台ビル(東北緑化環境保全株式会社内)
  TEL.022-211-8421 FAX.022-211-8061
平成18年度土木部職員研修(技術演習)
環境行政実務演習

日時:平成18年12月21日 10:00〜17:00
場所:宮城県庁8階 土木部会議室

宮城県土木部からの依頼により、土木部で実務を担当されている職員の方9名を対象に、環境部門の技術演習を行いました。この演習は昨年度より当協会で実施をお引き受けしているもので、今年で2年目となります。
午前中は講義形式で、環境に係る社会動向、環境アセスメント、生態系への配慮についての説明と質疑応答を行いました。また、午後の実務演習では、演習問題に出てくる貴重な動植物の名前にちなんで、参加者をオミナエシ班、ゲンジボタル班、ニホンアカガエル班の3班に分け、仮想の道路計画に対して、環境影響評価を行う際の調査項目の選定や、貴重な動植物に対する調査時期、調査位置や調査時に留意すべき場所等について考えるといった演習を行ないました。特に、午後の演習では調査項目の選定結果や考え方を班ごとに発表して頂きましたが、和気藹々とした雰囲気の中で、講師からの説明も交えながら議論していただくことで、より理解が深まったのではないかと思います。
普段は環境業務に従事される機会が少ない方々であっただけに、初めて触れる内容も多かったようで、事後のアンケート結果では実施時間が短かったという回答もみられました。また、受講者全員から有意義であったとの回答を頂き、環境業務に対する取り組み意欲の高さが感じられました。
来年度も機会がありましたら、今回の反省を踏まえてよりご要望に答えられるような研修を企画・実施していきたいと思います。


内容説明

講義の様子

演習の様子

演習結果発表 その1

演習結果発表 その2

演習結果発表 その3

演習の結果説明

発表に対する質疑
トップへ戻る