東北環境アセスメント協会

平成29年度 東北環境アセスメント協会主催 技術研修会のお知らせ

近年、環境アセスメントの現場では、GISが必須のツールとなっており、その習得が求められています。 そこで、会員のみなさまの技術的レベルの向上を目指し、GISの実習を技術講習会として企画致しました。 実習では、参加者の皆さまには、あらかじめフリー&オープンソースの「QGIS」をインストールしたパソコンを持参いただき、 実際に操作しながら、GISの基礎から応用までを、お招きした専門の講師の方に教えて頂きます。 また、会員同士の情報交換や講師へ気軽に質問できる場の提供を目的に懇親会も行いますので、 お忙しいこととは存じますが、以下ご参照のうえ是非ご参加下さい。

QGIS講習会要項

■開催日時:平成29年9月7日(木)13:30〜(受付13:00〜)
■開催場所:PARM-CITY131 貸会議室 Room 5A(5階) 
        仙台市青葉区一番町3丁目1-16

■講師:三島 啓雄 氏
    (国立研究開発法人 国立環境研究所 生物・生態系環境研究センター 准特別研究員)

■申込み:平成29年8月28日(月)〆切

■対象者:どなたでも参加できます
■定員:35名程度(申込先着順で定員になり次第締め切らせていただきます)
■参加費:講習会 無料
       懇親会 ¥2000
■持ち物:QGISver2.14又は2.18をインストールしたパソコンをご持参ください
     ※当日はインターネット(WiFi接続)を使用します
■申込締切:平成29年8月28日(月)
■主催:東北環境アセスメント協会
     ※本講習会は建設コンサルタンツ協会CPD認定プログラムです(4.0単位)

講習会プログラム

13:00 受付開始
13:30〜15:30 基本編
(休憩30分)
16:00〜18:00 応用編

●基本編
QGISの基本機能を使う:地理情報データの読み込み/表示/管理/空間演算

各種の背景図の利用
地理情報データの表示とファイル形式や座標系の変換処理
テーブルデータの読み込み
一般的な空間演算処理
プラグインの利用
基本的な印刷機能
高度な印刷機能
地図帳ツールを使った地図付き帳票の作成

●応用編
QGIS上で他のソフトウェアの機能を使う:「Processing」の利用

Processingの枠組みを通じた他のソフトウェアの機能の利用
 ・衛星画像を用いた画像分類
 ・DEMを用いた地形・水文解析
 ・グラフィカルモデラーによるデータ処理プロセスの統合 など

【申し込み方法】

申し込み用紙に記入または同内容をFAXかEメールでお送りください

 株式会社エコリス 担当:水谷
 Tel:022-204-1506
 Fax:022-204-1748
 E-mail:mizutani@ecoris.co.jp

参加申込書に必要事項をご記入の上、平成29年8月28日までに、事務局までFAXまたはEメールにてお申込み下さい。